打線の機能を左右する2番は中村が適任

若さんのツバ目線

 ヤクルト春季キャンプ(19日、沖縄・浦添)18日のDeNAとの練習試合を見て、打撃に関しては大きな期待を抱かせた。1番から(8)青木(7)坂口(4)山田哲DHバレンティン(3)畠山(9)雄平(6)広岡(2)中村(5)奥村-と並んだ布陣は迫力十分。シーズンでは三塁に川端、左翼にバレンティンが入り、坂口が一塁と外野のバックアップに回るのだろうか。それぞれが力を発揮すればリーグ一の破壊力を誇る打線になる。

 本塁打を放った山田哲の充実ぶりに目を見張った。トップの際に、バットのヘッドが投手側に向きすぎる悪癖が修正されつつある。彼の好不調のバロメーターはトップでヘッドが立っているか否か。昨年は投手側に向きすぎたため、バットが遠回りして速球に対応できなかった。しっかり立てられれば最短距離でバットを出せるようになり、2015~16年時の輝きを取り戻せるはずだ。

 高卒3年目の広岡にはブレークの気配が漂う。第1打席で右腕の熊原から左中間二塁打。第4打席は右直だったが、左腕の浜口の外角球をしっかり捉えた。性格は明るくて前向き。守備範囲も広く、肩もいい。多少の失敗には目をつむっても遊撃で起用してほしい。高卒4年目で覚醒した山田哲のように一気に中心選手に成長するポテンシャルを秘めている。

 最後にもう一つ。これほどの打線を機能させるには2番打者が重要になる。私が推すのは、小技もできる捕手の中村。ぜひ見てみたい打線だ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

Read more