広島2年目捕手の船越が右翼練習「内野も外野も」

 

 広島で2年目のシーズンを終えた捕手、船越が2日、秋季練習で右翼の位置に入ってノックを受けた。緒方監督に「チャンスをつかむためにはポジションの幅を広げた方がいい」と指示されて「内野も外野もやっていきたい」と気合十分。ドラフト会議で広陵高・中村を1位指名しており、捕手は激戦区となっている。 (マツダ)

Read more