巨人「週刊文春」訴訟 NPB、原前監督は「協約に抵触せず」

 

 巨人が、原辰徳前監督の金銭問題を巡る週刊文春の報道で名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋に損害賠償などを求めた訴訟で、球団側の敗訴が確定したことを受け、日本野球機構(NPB)は30日、原前監督は暴力団との金銭授受などを禁じた野球協約に抵触しないとの見方を示した。

 6月28日に確定した2審判決によると、週刊文春は2012年に原前監督が過去の女性問題に絡み、元暴力団員に1億円を支払ったとの記事を掲載。暴力団員と知って金を渡した場合は野球協約違反となるが、NPBの井原敦事務局長は「(原前監督は)被害者という立場。暴力団員と認識せずに会ったものと理解している」と説明した。