サンスポ

【〇虎将トーク】阪神、3連敗でストップ ヤクルト相手に快勝の矢野監督は「一つでも上に行く気持ちは全く変わらない」

秋の気配が漂う甲子園で完投勝利を飾った阪神・伊藤将(撮影・水島啓輔)
六回、ヤクルトの代打・浜田のマウンド付近への飛球に、声の連係が乱れ、二塁打としてしまった阪神・佐藤輝(右)とマルテ=甲子園球場(撮影・松永渉平)
七回、ヤクルト・山田の打球を右脚付近に受けた阪神・伊藤将=甲子園球場(撮影・松永渉平)
四回、2点打を放った阪神・梅野=甲子園球場(撮影・松永渉平)
四回、3点三塁打を放った阪神・近本=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、阪神9ー1ヤクルト、21回戦、ヤクルト12勝9敗、7日、甲子園)阪神が四回に一挙6点を奪って、快勝した。高梨裕稔投手(31)を攻め、無死満塁から木浪聖也内野手(28)の押し出し四球、梅野隆太郎捕手(31)の2点打、近本光司外野手(27)の3点三塁で試合を決めた。1イニング6得点は4月30日の巨人戦(東京ドーム)の七回に並ぶ今季最多。近本は六回の犠飛でプロ初の1試合4打点。大山悠輔内野手(27)は13試合連続安打とした。自身も2点打を放って1失点完投で連敗を「3」で止めた伊藤将司投手(26)は甲子園10連勝。プロ2年目でヤクルト戦初勝利を挙げ、セ5球団から白星をマークした。六回、マウンド付近への飛球に対し、三塁・佐藤輝明内野手(23)、一塁のジェフリー・マルテ内野手(31)の連係が合わず、二塁打にしてしまうシーンがあった。矢野耀大監督(53)の一問一答は以下の通り(チーム成績62勝64敗3分=残り14試合、観衆3万6796人)。

(テレビインタビュー)

ーースカッとした勝ち方

「そうですね、久しぶりにゆっくり見られました」

ーー最大の功労者は伊藤将

「そうですね、はい」

ーー甲子園での連勝もあり、6完投目

「そうですね、ちょっと勝ちが付かないことが最近ありましたけどね。今日の勝ちをつなげてくれると思うので、完投も素晴らしいですね」

ーー村上を見事に封じて完投した(遊飛、見逃し三振、二ゴロ併殺で3打数無安打)

「今乗りに乗っている素晴らしいバッター。抑えて自分の流れに持って来られたんじゃないですか」

ーー点を取るまでゲームを作った点も評価しているのでは?

「ほとんどの試合で将司がゲームを作ってくれてます。援護ができなくて、ピッチングが苦しくなるところもあると思うんですけど、チームに欠かせない存在ですね」

ーー木浪選手の押し出し四球からつながった

「リュウがタイムリーで点を取ってくれたので、あそこでまた送りバントでいけたので。あそこで1点で満塁だと、ピッチャーだと難しいなと思っていたんですけど、2点取ってくれたんでね。近本もツーアウトになってからのタイムリーだったんで。効果的に点が取れましたね」

ーー近本のタイムリーは大きかった

「島田も打ってくれれば良かったんですけどね。もう1点ほしいというところで3点になったので、本当に大きいですね」

ーー残り15試合を切ったが、上に勝ち上がる気持ちは変わらない

「いや、それはもちろん。まだまだ諦めるつもりは何も無いですし、目の前の試合に勝って、一つでも上に行く気持ちは全く変わらないです」

ーー今日のようなゲームができれば自信も膨らむ

「いいことは自信にしてやっていけばいいですし、うまくいかないこと、失敗もありますけど悔しさをバネにして、戦っていきます。

ーー伊藤将は2桁勝利がかかる

「本人の最低限の目標というか、そういうところになると思うんで、次回しっかり投げてもらいたいです」

ーーウキウキする試合を期待している

「毎日そういう試合を見せられるよう頑張っていきます」

(囲み)

ーー伊藤将は持ち味を発揮

「素晴らしいとしか言いようがないです」

ーー不運な形で1点取られた後もリズムを崩さなかった

「そやね。まあ、点差はあったけどね、嫌な1点ではあったんで、あそこで踏ん張れたのもそうやし、あの後のけん制のアウトも自分で流れを止めたようなところで持って行けたので、流れの中でしっかり出来たのが、完投につながってるかなと思う。相手もいるし、仕掛けてくるけど、将司自身も対応出来る。そういうことができるピッチャー」

ーー大山はいい状態をキープ

「うーん。いい時はもっといいと思っているし、今でいいとは思っていないけど」

ーー1、2、3番で3盗塁

「それは展開もあるしね。仕掛けるのはウチの野球なので、どんな状況でも、昨日も負けてるところでも近本がセーフになっているし。それは勝ったからこうやってクローズアップされ、負けたらされないのは、勝負の世界はあると思うので。別に今日だけ目立っているわけではないと思うし、俺の中では変わらずにやってくれていると思っています」

ーー木浪が10球粘って

「アイツも必死。チームに1点ほしいのもあるし、自分の立場、状況はアイツ自身も理解しながら目の前の試合でチャンスをつかもうとやっている。1年目はたくさん出て、そこから苦しい思いしているけど、そういう思いは強い選手なので。ああいう形にもつながっているかなと思います」

©2023 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.