国際オリンピック委員会(IOC)は20日、新型コロナウイルスの影響で史上初めて延期された昨夏の東京五輪開幕から23日で1年となることを受け、コーツ調整委員長のビデオメッセージを公開した。「五輪は希望の光、世界にとって前へ向くシンボルになった。それを誇りに思う」と語った。

参加した選手たちの東京五輪の印象について「全てがポジティブなもの。ほとんどの選手にとっては人生で一度の五輪。その機会を奪うことにならず良かった」とした。大半が無観客となったことには「日本国民や参加者の健康を守らないといけなかった。とても厳しい判断だったが、正しかった」と振り返った。(共同)

この記事をシェアする