東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の理事会を終え、記者会見で質問に答える橋本聖子会長。右は武藤敏郎事務総長=21日午後7時32分、東京都庁(代表撮影)

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、五輪の参加選手数が1万1420人で確定したと明らかにした。これまで1万1417人としていたが、途中棄権した選手の取り扱いなどが異なっていたという。パラリンピックは史上最多4403人が参加した。

この記事をシェアする