サンスポ

櫻坂46小池美波、中学時代のクラスメイトの阪神・佐藤輝明にラブコール 1年時の秘話明かす

阪神・佐藤輝にエールを送る櫻坂46・小池美波=東京・市ヶ谷(撮影・田村亮介)

兵庫県出身で阪神ファンのアイドル、櫻坂46・小池美波(23)が本紙の取材に応じ、勝率5厘差で16年ぶりのリーグ優勝を逃した阪神に向けてメッセージを寄せた。ルーキーながらチーム最多の24本塁打を放った佐藤輝明内野手(22)とは同じ中学で、1年時はクラスメート。当時のエピソードや今季の活躍について思いを明かすとともに、それぞれの舞台での活躍を願った。

阪神・佐藤輝

タイガースの皆さん、今シーズンもお疲れさまでした。優勝は惜しくも逃してしまいましたが、私の中では阪神が一番でした!

今年は前半から強すぎて、それこそ「あかん、阪神優勝してまう」とずっと思っていました(笑)。日本シリーズで阪神対オリックスが見たかったな~とちょっとだけ思ったりもしますけど、守備で必死にボールを追ったり、ベースに滑り込む姿を見ると「けが大丈夫かな?」と心配で、とにかくけがなく健康にと祈っていました。

応援タオルを持つ櫻坂46・小池美波=東京・市ヶ谷(撮影・田村亮介)

私の父が大の阪神ファンで、一緒に試合をテレビで見たり、甲子園に行ったのがきっかけで、私もファンになりました。甲子園には小学生くらいまでは毎年行っていたんですけど、めちゃくちゃ熱いファンの方が多くておびえていました(笑)。

当時はどちらかというとトラッキーとかマスコットが大好きで、あとは風船を飛ばしたくて行ってました。でも、何回も観戦に行くうちに、チームや選手も応援するようになって。藤本敦士さん(現1軍内野守備走塁コーチ)が好きで「すてきやな~」と思っていました(笑)。いま特に注目しているのは、梅野隆太郎選手と中野拓夢選手です。中野選手は守備がすごすぎて「かっこいい~!」って思いながら見ていますし、梅野選手は「ここ!」ってときや「打ってほしいよ、梅ちゃん」って思ってるときに打ってくれるんです!


佐藤君がドラフト1位で指名されたと聞いたときは、すごくびっくりしました! 「佐藤君が、そんなすごい選手になったんだ」と感動したとともに「絶対に負けたくない」と思ったりもして、刺激を受けました。

中1の当時から身長が高くて体つきもよかったので、ボスみたいな印象があったんですけど、話すとすごくほんわかしているんです。みんなから「テル」って呼ばれていて、男女問わず、先生からも愛されていました。一度、隣の席になったんですけど、私だけ「佐藤」って呼んでいて「テル」に踏み込めなかったです(笑)。佐藤君はいつもテストの用紙の点数のところを折って隠していました。でも、うっすら見える数字がいつも高いので「賢いねんな~」と思っていました。

今年の活躍ぶりは震えましたね。「とんでもなさすぎる」「また打った、また打った」って。よく家族と電話をするんですけど、佐藤君がホームランを打つたびにお父さんがお祭りのように騒いでいて、私の家族はみんな佐藤君を応援しています。

三振数の新人記録でチームから表彰されていたのをニュースで見て「これは良い話なんやろか?」と思いつつ、それをいじられているのもなんかかわいくて、素敵なチームだなと思いました。後半は59打席無安打なんてこともありましたけど、彼の中で模索中な気がするので、また来年たくさんぶちかましてくれそうな予感がしています! プレッシャーにも動じないメンタルの強さを持っているので、分けてほしいです。私は緊張すると、から揚げができそうなくらい手汗が出るので、うらやましいです(笑)。

お互いに健闘を誓った櫻坂46・小池美波=東京・市ヶ谷(撮影・田村亮介)

来年は…ホームランを100本打ってほしい‼(笑)。三振のこととかもそんなに気にしてなさそうな気がするので(めちゃくちゃ気にしてたら申し訳ないです)、けがに気を付けて頑張ってください。

私は櫻坂46で皆さんにたくさんの曲を届けて、日々の活力や励みになってほしいと思っています。佐藤君はももクロさんが好きということですけど、いつか登場曲に櫻坂46の曲を使っていただけるように、私も頑張りたいと思います!(櫻坂46)

■小池 美波(こいけ・みなみ) 1998(平成10)年11月14日生まれ、23歳。兵庫県出身。2015年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格。16年11月発売の3枚目シングル「二人セゾン」で初のフロントメンバー入り。17年4月から21年9月までMBSラジオ「ザ・ヒットスタジオ」で火曜日レギュラーを務めた。19年9月、初写真集「青春の瓶詰め」を発売。158・5センチ。