新井千鶴

柔道女子70キロ級で東京五輪金メダリストの新井千鶴(27)=三井住友海上=が10日、オンラインで記者会見を開いて現役を引退すると発表した。「苦しいことも多かったが、その分達成感を味わえた。五輪の舞台で闘えた一試合一試合がすごく印象深く、思い出に残っている」と語った。現在の所属先で指導者の道へ進む。

引退を決意したのは五輪後で「(現役続行は)簡単ではない。第二の人生に向けて歩みたい思いが強かった」と心境を説明。10日、全日本柔道連盟に強化指定選手辞退届を提出した。指導者として「選手に刺激を与え、問題を共有して乗り越えていける存在」を目指すという。

スケールの大きな正統派の柔道で、力強い内股を武器に活躍。埼玉・児玉高で全国高校総体を制して三井住友海上へ進んだ。2017年から世界選手権を2連覇し、五輪は4試合を勝ち抜いた。

上野雅恵・三井住友海上監督の話「入社以来ずっと新井選手を見てきた。本当にいろんな苦労を乗り越えて東京五輪で金メダルを取ってくれた。十分やってもらったという思いだったので、ご苦労さまという気持ちでいっぱいだ」

この記事をシェアする