千葉県印西市から表彰された体操男子の萱和磨(左)と橋本大輝=8日、同市役所

東京五輪体操男子個人総合、種目別鉄棒で金メダルの橋本大輝(順大)と団体総合銀メダルメンバーの萱和磨(セントラルスポーツ)が8日、練習拠点のある千葉県印西市から市民栄誉賞などの表彰を受けた。五輪閉幕からちょうど1カ月となり、橋本は「SNS(会員制交流サイト)のフォロワーが増えて(街中で)声をかけられるようになった。いろんな人に体操を知ってもらえたと実感できた1カ月だった」と振り返った。

2人は10月に北九州市で開催される世界選手権に出場する。五輪で種目別あん馬銅メダルも獲得した萱は難度を上げた演技構成で臨む予定で「あん馬で金メダルを目指して頑張りたい。攻めまくります」と気合十分に話した。

橋本は同日、出身地の成田市からも市民栄誉賞を授与された。

この記事をシェアする