記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=6日午前、東京都江東区

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は6日、両大会を終えて東京都内で記者会見を開き、新型コロナウイルスによる1年延期を経て開催された大会について「パンデミック(世界的大流行)後、世界で初めてのグローバルイベントであるオリ・パラを開催し、しっかりとバトンをパリにつなげたことを誇りに思いたい」と総括した。

一方で大会は成功したかどうかについて問われ「完全な形で東京大会をやり遂げることができなかったということについて、私自身にとっては100パーセント成功だったとは言えない」とも述べた。評価に関しては「歴史が証明してくれるものだと思う」と語った。

組織委の武藤敏郎事務総長は、大半の会場が無観客になったことに伴う組織委の赤字の穴埋めについて、東京都、国、組織委の3者で協議することになるとの見通しを説明。両大会の決算時期について「おそらく来年4月以降にならざるを得ない」と明らかにした。


この記事をシェアする