米国に敗れ、抱き合う鳥海連志(左端)ら日本代表=5日、有明アリーナ(佐藤徳昭撮影)

東京パラリンピック最終日・車いすバスケットボール(5日、東京・有明アリーナ)男子決勝で日本は米国に60-64で敗れ、男女を通じて初の金メダル獲得はならなかった。米国は2連覇。

46-45で迎えた最終クオーターに逆転を許した。主将の豊島英(宮城MAX)は「接戦ができて、(次は)もう一歩できそうと思えた」と胸を張った。

日本は過去最高7位。前回リオデジャネイロ大会は1次リーグ1勝で12チーム中9位にとどまっていた。

この記事をシェアする