金メダルを獲得した里見紗李奈(左)、山崎悠麻 =国立代々木競技場(撮影・蔵賢斗)

東京パラリンピック最終日・バドミントン(5日、国立代々木競技場)女子ダブルス(車いす)決勝で、里見紗李奈(23)、山崎悠麻(ゆま、33)組=NTT都市開発=が金メダルを獲得した。里見はシングルスとの2冠を達成し、山崎は「銅」に続く2個目のメダルを手にした。

里見はバドミントンが初めて採用された大会で2冠。「初代女王になることはずっと目標だったので、自信になった」と誇った。山崎は「隣にさりちゃんがいてくれて頼もしい。(表彰台の)真ん中に立てたことがうれしい」と笑った。互いを「悠麻さん」「さりちゃん」と呼び合う2人が、自国パラで躍動した。

この記事をシェアする