女子、中国を破り喜ぶオランダ選手=有明アリーナ

東京パラリンピック第12日・車いすバスケットボール(4日、有明アリーナ)女子決勝で2018年世界選手権覇者のオランダが中国に50―31で快勝し、初優勝した。前半は得点が伸びなかったが、後半に高さを生かした攻撃で突き放すと、ゴール下を徹底的に固めて相手の追い上げを封じた。

3位決定戦では前回優勝の米国がドイツを64―51で退け、2大会連続のメダル獲得となった。

男子の5、6位決定戦は、オーストラリアがトルコを74―58で下した。

この記事をシェアする