プレーする上地結衣=有明テニスの森公園(撮影・蔵賢斗)

東京パラリンピック第11日・車いすテニス(3日、有明テニスの森公園)女子シングルス決勝で第2シードの上地結衣(三井住友銀行)は第1シードのデフロート(オランダ)と対戦し、第1セットを3―6で落とした。第1シードのデフロート(オランダ)に3―6、6―7で敗れ、銀メダルだった。前回大会の自身の3位を上回る2位は女子種目では日本勢の最高順位。

3位決定戦で男子ダブルスの国枝慎吾(ユニクロ)真田卓(凸版印刷)組はエフベリンク、スヘファース組(オランダ)に3―6、2―6で敗れ、銅メダル獲得はならず4位だった。混合上下肢障害シングルスの菅野浩二(リクルート)もフィンク(オランダ)に1―6、4―6で屈して4位だった。


この記事をシェアする