北島康介氏

競泳男子平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介氏(38)が5日、自身のツイッターを更新。東京五輪ソフトボール日本代表で名古屋市出身の後藤希友(20)=トヨタ自動車=が4日、市役所で金メダル獲得を河村たかし市長に報告した際、河村氏がマスクを外してメダルをかむパフォーマンスをしたことについて疑問を投げかけた。北島氏は河村市長がメダルをかむ動画ニュースを取り上げ、「そもそもなんで表敬訪問しなきゃいけないのか。僕はメダル噛んだことありません」と疑問を呈した。

首に掛けられた後藤希友(右)の金メダルをかじる河村たかし名古屋市長=4日午前、同市役所

この問題にはフェンシング男子で2008年北京、12年ロンドン両五輪銀メダルの太田雄貴氏(35) も自身のツイッターで「ごめんなさい。これは流石に。。」と反応し、「現場の空気や、お二人の関係値は分かりませんが」とした上で「選手に対するリスペクトが欠けている上に、感染対策の観点からもセレモニーさえも自分自身やチームメイトでメダルをかけたりしたのに、『噛む』とは。ごめんなさい僕には理解できません」と苦言を呈した。

東京五輪で日本勢初の金メダルを獲得した柔道男子60キロ級の高藤直寿(28)は自身のツイッターで「え…動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし」と驚き、「自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに 怒らない後藤選手の心の広さ凄すぎ 俺だったら泣く」と記した。


この記事をシェアする