スケートボード女子パーク 予選 岡本碧優=4日、有明アーバンスポーツパーク(川口良介撮影)

東京五輪第13日・スケートボード(4日、有明アーバンスポーツパーク)女子パーク予選で、2019年の世界選手権を制した岡本碧優(MKグループ)が58・51点のトップで上位8人による決勝に進んだ。12歳の開心那(WHYDAH GROUP)は52・46点の3位、18年世界選手権優勝の四十住さくら(ベンヌ)は45・98点の4位で予選を通過した。

日本人の母を持ち宮崎出身のブラウン(英国)が57・40点で2位突破。

女子パーク予選 演技する開心那=有明アーバンスポーツパーク
女子パーク予選 演技する四十住さくら=有明アーバンスポーツパーク

この記事をシェアする