首に掛けられた後藤希友(右)の金メダルをかじる河村たかし名古屋市長=4日午前、同市役所

東京五輪ソフトボール日本代表で愛知・名古屋市出身の後藤希友(20)=トヨタ自動車=が4日、同市役所を訪れ金メダル獲得を報告。表敬訪問を受けた河村たかし市長(72)が金メダルを噛むパフォーマンスを見せ、SNS上で批判の声があがっている。

後藤は最年少メンバーながら金獲得に大きく貢献。「名古屋が大好きなので地元に金メダルを持ち帰ることができてよかった」と喜びの報告をし、河村市長から「おめでとうございます。ハイボールを飲みながらテレビを見ておりました」とねぎらいを受けた。

そして、後藤が市長の首に金メダルをかけると、市長はマスクを外して、突然メダルを噛むパフォーマンスを見せた。後藤は笑顔を見せていたが、この様子が地元メディアによって伝えられると、SNSで動画が拡散。「河村さん…後藤選手の金メダルを勝手にかじるのはダメでしょ… それにコロナの時代だよ」「あり得ない」「メダル噛むパフォーマンスとかって、流石に失礼ですよ。ご自分でとったメダルならまだしも」「今すぐ新品と交換してあげて欲しい」など市長の行動を批判する声が噴出した。ツイッターでは「ソフトボール金メダル」「表敬訪問」「後藤希友投手」など関連ワードがトレンド入り。ヤフーのリアルタイム検索でも「後藤選手」「河村たかし」などが検索上位となった。

この記事をシェアする