ボクシング女子フェザー級で銀メダルを獲得し、記者会見で銀メダルを掲げるフィリピンのネスティー・ペテシオ=3日午後、東京都墨田区

東京五輪第12日・ボクシング(3日、国技館)2019年の世界選手権を制したペテシオは入江に屈して銀メダル。それでも「この大会は私のためだけでなく、国やコーチのためでもあった。だからとても感動的なメダル」と胸を張った。

堂々とした闘いでフィリピンに今大会二つ目のメダルをもたらした。フィリピンが1大会で複数のメダルを獲得するのは、銅三つの1932年ロサンゼルス五輪以来。

同性愛者であることを公言しており、試合後には「LGBTQ(性的少数者)の一員であることを誇りに思っている」と話した。

この記事をシェアする