【東京五輪2020 ボクシング・女子フェザー級決勝】<ネスティー・ペテシオ対入江聖奈>金メダルを獲得した入江聖奈=両国国技館(撮影・松永渉平)

ボクシングの女子フェザー級で同競技初の五輪日本女子金メダリストとなった日体大3年の入江聖奈(20)が3日、表彰式後の記者会見で「自分の中で有終の美で終わりたいのがあって、やっぱりボクシングは大学限りでやめるつもり」と話し、3年後のパリ五輪を目指さず、卒業後は現役を退く意向を示した。

今後の目標は「(今秋の)次の世界選手権で金メダルを取ること」と話し「4年生からは就活もしないといけない。ゲームが好きなので、ゲーム会社に就職したい」と笑った。

この記事をシェアする