PK戦で勝利し、谷晃生の下に駆け寄る久保建英=31日、カシマスタジアム(川口良介撮影)

東京五輪が折り返し地点を迎えた7月31日も日本勢の快進撃は止まらない。サッカー男子日本代表はニュージーランドをPK戦の末に制し、2012年のロンドン大会以来のベスト4に進出。NHKの五輪特番でMCを務めた嵐の櫻井翔(39)は「緊張しましたね」と大興奮。また、野球日本代表「侍ジャパン」はメキシコに逆転勝ちし、1次リーグ首位通過で準々決勝に進出。野球ファンのタレント、中居正広(48)は「ナイスゲームでしたね」と健闘をたたえた。

連日のメダルラッシュ―。東京五輪が後半戦に突入しても、日の丸戦士たちの活躍は続く。

NHKの東京五輪・パラリンピックのナビゲーターを務める櫻井は、同局特番のMCとして森保ジャパンのニュージーランド戦を茨城カシマスタジアムから生中継。120分を戦って0対0の激闘の末、PK戦にもつれた試合を日本が4―2で制すると、櫻井は「緊張しましたね」と頰を紅潮させ、「決まった瞬間、ベンチにいた皆さんも肩を組んで全員が1つになっていた。本当に気持ちを1つにというところでした」と感激した。

柏レイソルのジュニアチームに所属経験がある歌手、ナオト・インティライミ(41)はツイッターで「勝った勝った勝った!!!ここを乗り切ったのほんとデカい‼」と歓喜し、3日に行われる準決勝のスペイン戦に向けても、「これあるな、ほんとあるな」と金メダルを期待した。

サッカー強豪校・市立船橋高出身のお笑いコンビ、ペナルティのワッキー(49)はツイッターで「ヒーローが誕生した!GK谷晃生!ありがとう!」と好セーブを見せた守護神を絶賛。全国高校サッカー選手権に出場経験を持つお笑いコンビ、ぺこぱのシュウペイ(34)もツイッターで「スペイン戦に向けてしっかり休んで頑張って下さい」とねぎらった。

一方、芸能界きっての野球通で知られる中居は、TBS系五輪特番のゲストとして侍ジャパンのメキシコ戦を横浜スタジアムで生観戦。侍ジャパンが7対4で勝利し、1次リーグ首位通過で2日の準々決勝進出を決めると、中居は「ナイスゲーム。タフな試合になるなと思いましたけれど、本当に1位通過で良かった」と拍手を送った。

印象に残ったシーンにはヤクルト・山田哲人内野手(29)の3ランを挙げ、「追加点で守る方も投手の方も余裕を持ってディフェンスできたと思う」と分析。準々決勝に挑む戦士たちに「1試合1試合ですね」と着実に勝ち進むことを願った。

この記事をシェアする