第3ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=霞ケ関CC(ゲッティ=共同)

東京五輪第9日・ゴルフ(31日、霞ヶ関CC)悪天候による中断の影響で前日から持ち越された男子の第2ラウンド(パー71)の残りと第3ラウンドが行われた。首位と2打差の3位から出た松山英樹(日本)は5バーディー、1ボギーの67で回り、通算13アンダーとし、首位に1打差の単独2位と好位置につけた。同14アンダーのシャウフェレ(米国)が単独首位。最終日は8月1日に行われる。

風がなく、蒸し暑い五輪会場のコース。金メダル獲得を目指す松山は出だしの1番(パー4)でボギーをたたいたが、2番(パー4)、3番(パー4)で連続バーディーを奪い、この時点で首位のシャウフェレ(米国)に1打差に迫った。その後、6番(パー4)でバーディーを奪い、同11アンダーに伸ばした。7番(パー3)でシャウフェレがボギーをたたき、松山が首位に並んだ。松山は8番(パー5)でもバーディーを奪うなど、スコアを伸ばすなど前半のアウトを4バーディー、1ボギーの33で回り、同じ最終組のシャウフェレ、オルティス(メキシコ)と並び首位で折り返した。

インに入ると我慢のゴルフが続いた。10番(パー3)、11番(パー4)はパーセーブ。シャウフェレは11番でバーディーを奪い、松山は2位に後退した。松山は17番(パー4)でバーディーを奪い、シャウフェレ、オルティスと並びに首位に立った。最終18番(パー4)は松山がパー、シャウフェレがバーディー、オルティスがボギーで明暗を分けた。

星野陸也(日本)は73で回り、通算1アンダーで46位だった。

★東京五輪のゴルフ 男女60選手が予選カットなしで4日間72ホールで争う。男子は7月29日―8月1日、女子は8月4―7日。男子は6月21日、女子は同28日付の世界ランキングをもとに選出され、日本からは男子は松山英樹と星野陸也が、女子は畑岡奈紗と稲見萌寧が出場予定。6月の「全米女子オープン」で優勝の笹生優花は母の母国、フィリピン代表として出場する。

★霞ヶ関カンツリー俱楽部 1929年に東コースが開場。32年に西コースも完成し、日本で初めて36ホールを持つゴルフ場となった。57年に日本で初めてW杯(当時は「カナダカップ」)が開催され、「日本オープン」も4度開催。2013年に東京五輪の会場に決まり、16年までに改修。17年11月に来日したトランプ米大統領が安倍首相、松山英樹とプレーした。埼玉県川越市大字笠幡3398。

この記事をシェアする