男子ダブルスで優勝し金メダルを手にする李洋(左)、王斉麟組=武蔵野の森総合スポーツプラザ

東京五輪第9日・バドミントン(31日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)男子ダブルスは決勝で李洋、王斉麟組(台湾)が第3シードの李俊慧、劉雨辰組(中国)に2―0で快勝し、初出場で金メダルを獲得した。

3位決定戦はチア、ソー組(マレーシア)がアーサン、セティアワン組(インドネシア)に2―1で逆転勝ちして銅メダル。

この記事をシェアする