日本―アンゴラ 前半、原(中央)がシュートを放つ=国立代々木競技場

東京五輪第9日・ハンドボール 女子1次リーグA組、アンゴラ-日本(31日、国立代々木競技場)女子の1次リーグA組で、日本はアンゴラに25-28で敗れ、1勝3敗となって自力での決勝トーナメント進出が消えた。モンテネグロは韓国を28-26で下して2勝2敗とし、韓国とアンゴラはともに1勝3敗。

日本は前半を13-15で折り返し、石立や原(ともに三重バイオレットアイリス)が得点を重ねたが、平均身長で上回る相手を攻めあぐねた。8月2日の最終戦でノルウェーと対戦する。

A組はノルウェーとオランダの準々決勝進出が決まった。B組はスウェーデンが1位突破を決め、国として参加した2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのROCもベスト8入りした。


日本―アンゴラ 後半、石立がシュートを決める=国立代々木競技場

この記事をシェアする