女子100メートル障害予選 力走する青木益未=国立競技場

東京五輪第9日・陸上(31日、オリンピックスタジアム)女子100メートル障害の青木は自身の日本記録から0秒72遅れて、予選落ちした。6月に負った左太もも裏のけがが完治しておらず「駄目、動かない、遅いと思って走っていた」と、終盤のハードルを倒すなどして不本意な結果となった。

6月の日本選手権を欠場し、世界ランキングで出場権を得て挑んだ今大会。外国選手の走りはしっかり目に焼き付けたようで「動きもスピードも全く違うのを実感した。次につなげるかは自分次第」と口調は力強かった。

この記事をシェアする