東京五輪第8日・男子エペ団体(30日、幕張メッセ)山田優(自衛隊)加納虹輝(JAL)宇山賢(三菱電機)見延和靖(ネクサス)の日本は決勝でROCを45-36で撃破し、日本フェンシング界に初の金メダルをもたらした。1回戦で米国を45―39で下し、準々決勝では4連覇を目指した強豪のフランスに45―44で競り勝つと、準決勝は韓国に45―38で快勝。個人では誰もメダルに届かず、団体出場は開催国枠だったが、下克上で頂点に駆け上がった。

日本フェンシング協会前会長の太田雄貴氏(35)はこの日、自身のツイッターで「やったーーー」「君達は最高だ!!!」「最高すぎる!!   皆さん、応援ありがとうございました!!と歓喜に浸った。

この記事をシェアする