日本―フランス 前半、先制ゴールを決め駆けだす久保建=日産スタジアム

東京五輪第6日・サッカー 男子1次リーグA組、フランス0-4日本(28日、日産スタジアム)3連勝は正直すごいと思う。フランスの守備にも問題はあったが、久保は完全に覚醒した。吉田と冨安の2人のセンターバックを中心に守備も安定していた。

この試合の戦い方は難しかった。引き分けでもいいとか、1点差負けでもいいとか、周囲の声も気になったはずだが、ふたを開けてみれば試合の入りはよかった。オーバーエージ3人の影響も大きかったのだろう。

ただ決勝トーナメントは、さらに難しくなる。吉田は試合後に「まだ何も得ていない」と話していたが、その通り。3連勝は何のアドバンテージにもならない。

準々決勝はニュージーランドが相手。1次リーグ3試合の日本を見れば、やられる気はしないし、久保&堂安の連係で得点は取れる気配はある。相手はボールをつなぐサッカーというより、縦に速くシンプルな攻撃をしてくると予想するが、油断さえしなければ順当に勝ち上がるだろう。

日本はメダル獲得に近づいたと見る。もっと言えば、金メダルの可能性も十分に出てきた。(本紙専属評論家)

この記事をシェアする