前半、ゴールを決めた久保建英=日産スタジアム(撮影・甘利慈)

東京五輪第6日・サッカー 男子1次リーグA組、フランス-日本(28日、日産スタジアム)1次リーグA組の日本はフランスを4-0で下し、3戦全勝の勝ち点9で1次リーグを突破した。前半27分に3試合連続ゴールとなるゴールを決めたMF久保建英(20)=レアル・マドリード=が試合後に応じたインタビューの一問一答は以下の通り。

--ゴールを振り返って

「チームとしてもしっかり守備をしてカウンターを狙おうっていう話をしていた中で、いい感じの縦パスを田中(碧)選手がくれて、その後自分の上田(綺世)選手へのパスはちょっと短くなってしまったんですけど、自分はこぼれを狙って詰めていたので、その結果自分のところにこぼれてきて、いいゴールを決められてよかったなと思います」

--結果を残せている要因は

「試合前のチームメイトの連係だったり、いろんな人と話して、自分の動きだったり、彼らの動きっていうのを把握した中で、連係・連動というところで最後たまたま自分が決めているだけだと思うので、そこはチームとして非常にいい形になっているかなと思います」

--3連勝で決勝T進出。これからどんな形を見せていきたい

「まずはグループリーグ3試合、勝ち点9で終わることができて非常にうれしい気持ちがありますけど、ここから一発勝負で何が起こるか分からないので、まずはまずは3日後の試合に照準を合わせて、しっかり1試合1試合勝っていきたいと思います」

--ニュージーランド相手にどんな試合をしたい

「しっかり後ろは皆で0(点)で抑えて、今日の試合と同様に早い時間帯に先制点を取って追加点を取ってっていうふうに0(点)抑えて点をたくさん取って、しっかり勝ち切りたいと思います」

--サポーターへメッセージ

「いろいろ難しい中、自分たちもいまできることを全力でやっているつもりです。自分たちの今日の勝利、そしてこれからの勝利が国民の皆さまを少しでも明るくできるように、こんなこと言うのはおこがましいですけど、ぜひ応援している人がいるのなら、その人たちのために全力で頑張りたいなと思います」

この記事をシェアする