優勝し金メダルを掲げる阿部一二三=25日午後、日本武道館(撮影・桐山弘太)

東京五輪第3日・柔道(25日、日本武道館)「阿部きょうだい」にとって小学生時代まで柔道を習った長男・勇一朗さんの存在は大きい。父・浩二さんは「二人は長男を尊敬している。勇がいなかったら二人はここにいない」と断言する。

一二三は小、中学生時代、試合などの遠征で両親が同行できないときは兄と一緒に電車で向かった。上京後は電化製品など機械の使い方に困った際、電話越しに解決法を教わった。おかげで競技に集中できた。

妹の詩は昨年11月、日体大の入学歓迎式で在学生代表として新入生に向けて歓迎の辞を任された。何を伝えれば…と思い悩んでいたところ、勇一朗さんが手を差し伸べてくれたことも。

心優しい長男に対し、「支えてもらっている」と二人は口をそろえる。勇一朗さんへの恩返しが込められた2つの金メダルだった。(文)

この記事をシェアする