女子100メートル平泳ぎ予選のレースを終え、引き揚げる渡部香生子=東京アクアティクスセンター

東京五輪第3日・競泳(25日、東京アクアティクスセンター)女子は100メートル平泳ぎの渡部香生子(JSS)と青木玲緒樹(ミズノ)、400メートル自由形の小堀倭加(セントラルスポーツ戸塚)と難波実夢(MGニッシン)は落選した。

渡部は女子100メートル平泳ぎで1分7秒01にとどまって予選落ち。準決勝進出に0秒05届かず「感覚や調子もよかった。1分6秒は出せると思っていた。7秒になったのは正直悔しい」と表情をこわばらせた。

過去2度の五輪は本領を発揮できなかった。2015年世界選手権で金メダルを獲得した200メートル平泳ぎへ向け「しっかり切り替えてやっていきたい」と巻き返しを期した。

この記事をシェアする