開会式でパフォーマンスを披露する森山未來=23日、国立競技場(撮影・桐山弘太)

俳優、森山未來(36)が24日、自身のインスタグラムを更新。国立競技場で行われた東京五輪開会式でのパフォーマンスに言及した。

森山は2013年から約1年間、文化庁の文化交流使としてイスラエルのダンスカンパニーなどを拠点に活動。開会式では多くの人々に影響を残した故人を追悼するコーナーで渾身の舞いを披露し、新型コロナウイルスの犠牲者に黙とうがささげられた。

森山は「参加させていただいたパフォーマンスに勇気を持って関わってくれた音楽・原摩利彦氏、振付・大宮大奨氏に心からの感謝を。そしてMIKIKOさんを始めとする前年度クリエイティブチームのみなさん、そして菅野薫さんに。平原慎太郎さんを始めとする今年度のクリエイティブチームのみなさん、そして小林賢太郎さんに。ここに至るまでの全ての出逢いに心からの感謝を。連綿と続く繋がりの最中、全ての想いを胸に私は立っていました。最後に『未練の幽霊と怪物』の作・演出である岡田利規さんに、最大のリスぺクトを」(原文まま)と感謝した。

この記事をシェアする