敗れて厳しい表情の岩渕真奈(中央)=24日、札幌ドーム(撮影・村本聡)

東京五輪第2日・サッカー 女子1次リーグE組、日本0-1英国(24日、札幌ドーム)長く日本女子サッカーの象徴として引っ張った澤穂希さんが試合後にオンラインで取材に応じ「チームのために厳しいコメントをしたい。カナダ戦の修正ができていたか疑問に思った。この試合にかけているものが全く伝わらなかった」と歯がゆそうに話した。

失点場面はスライディングしてでもクロスを阻み、中で声を掛け合って防ぐべきだったと指摘。「こういうときこそ一つになって選手だけのミーティングをし、敗戦をそのままにしないで明日(25日)からの練習につなげてほしい。監督からも話があると思うが、やるのは選手」と奮起を願った。

この記事をシェアする