8回 渥美万奈の内野安打でサヨナラ勝ちし、喜ぶ日本代表ナイン=22日、福島県営あづま球場(撮影・納冨康)

女子ゴルフの渋野日向子(22)=サントリー=が22日、インスタグラムを更新。東京五輪のソフトボールオープニングラウンドで、日本がメキシコにサヨナラ勝ちしたことに歓喜した。

開幕戦でオーストラリアにコールド勝ちした日本はこの日、第2戦でメキシコと対戦。延長八回、タイブレークの末にサヨナラ勝ちし、2連勝とした。上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)が39歳の誕生日に前日に続いて先発し、6回0/3を投げて5安打2失点、10奪三振2四球と好投した。

元ソフトボール少女の渋野は、この日から始まった大東建託・いい部屋ネットレディスに出場中。前日にも、憧れの存在の上野が好投して日本が白星発進したことに「勇気づけられる」と滞在する札幌市内で話していた。

この日はインスタグラムのストーリー機能を使い、日本が劇的な勝利を収めたスコアの画像を公開。「やったーーー」と喜びをつづった。

この記事をシェアする