日本―メキシコ 2回、藤田が先制ソロを放つ=福島県営あづま球場

東京五輪・ソフトボールオープニングラウンド 日本-メキシコ(22日、福島あづま球場)日本は、藤田倭投手(30)=ビックカメラ高崎=が二回1死で左越えの先制ソロを放った。カウント1―1から右腕・オトゥール(メキシコ)の3球目をフルスイング。ライナーで左翼フェンスを越す強烈な当たりで2戦連発のアーチとした。

投打二刀流で〝ソフトボール界の大谷〟としても活躍が見込まれる右腕。本塁打の後はブルペン投球を行うなど、出番に備えていた。

この記事をシェアする