女子400メートル個人メドレーでメダルを狙う大橋悠依

東京五輪競泳女子日本代表の大橋悠依(イトマン東進)が21日、オンラインで取材に応じた。メダル獲得を狙う400メートル個人メドレーは、競泳競技初日の24日に予選、25日に決勝が行われる。

「もうどういう状況であれ泳ぐしかない。レースプランに関してはあまりこだわりすぎないようにいこうかなと思っています」

長野・東御市での合宿を経て入村。長野で調整のため参加したレースではタイムが出ず「このままじゃヤバイかもな」と不安に襲われたという。それでも調子は徐々にではあるものの上向きで「やっと泳ぎは良くなってきた感じはある。東御にいるときよりも良いコンディション 体もメンタルも良い状態に少しずつなってきた」と覚悟を決めてレースに臨む。

この記事をシェアする