東京五輪を戦う「侍ジャパン」の最終合宿1日目が19日、宮城・仙台市の楽天生命パークで始まった。

気温33度まで上昇した午後1時半から稲葉監督をはじめコーチ陣、選手が青々としたグラウンドに姿を現した。恒例の記念撮影の際には稲葉監督が最前列の中央のイスにどっしりと座り、小学生時代にバッテリーを組んだこともある同級生の坂本(巨人)、田中将(楽天)は最前列の正面から向かって右側のイスに並んで座った。

この記事をシェアする