6月20日、ホストタウンの大阪府泉佐野市に到着し、記念写真に納まる東京五輪のウガンダ代表選手団

大阪府泉佐野市は16日、東京五輪の事前合宿で市内に滞在中のウガンダ選手団のうち、男子の重量挙げで出場予定だったジュリアス・セチトレコ選手(20)の所在が分からなくなったと発表した。宿舎に「生活が厳しい国には戻らない。日本で仕事をしたい」という趣旨の書き置きを残し、名古屋行き新幹線の切符を購入していたという。市や府警が捜している。

市などによると、セチトレコ選手は合宿開始後に世界ランキングが下がり、五輪出場資格を失ったという。選手村入りする他のメンバーとともに20日に泉佐野市を出発した後、成田空港から帰国予定だった。

16日午前0時半ごろ、セチトレコ選手が市内の宿舎にいたのを、チームメートが見ていた。選手団は毎日、午前中に新型コロナウイルスPCR検査の検体を採取することになっていた。宿舎となっているホテルに泊まり込む市職員が、正午を過ぎてもセチトレコ選手の検体が採取されていないため、選手に会おうとして部屋を訪ね、いなくなったことに気付いた。

セチトレコ選手は午前6時半ごろ、宿舎から最寄りのJR駅で切符を購入。書き置きには、宿舎に残した私物を母国の妻に渡してほしいとの言葉もあった。午後6時ごろ、ウガンダ国内の関係組織が選手の携帯電話にかけると、本人が出たが「話せる状況にない」と切られた。

この記事をシェアする