聖火ランナーを務めた出川哲朗=横浜市(代表撮影)

東京五輪聖火リレーの代替イベントが30日、神奈川県で3日目を迎え、タレント、出川哲朗(57)が登場した。

前回の東京大会が行われた1964年生まれの出川は、地元・横浜市でトーチキスを体験。「責任重大でヤバいよ、ヤバいよ。こんな状況でもオリンピックに関われて幸せ。みんな心配だと思うけど、それを吹き飛ばすくらい熱い大会になれば」と出川節で語った。

プロ野球のヤクルトファン。侍ジャパンに向けては、「金メダルを取ってほしいのはもちろんですが、稲葉(篤紀)監督には(オリックスの)山本(由伸)投手をぜひ先発で使ってほしい」とリクエストした。

この記事をシェアする