五輪女子代表に36歳荒木絵里香、黒後愛ら/バレー

黒後愛、古賀紗理那、島村春世、荒木絵里香、石井優希、石川真佑

日本バレーボール協会は30日、東京五輪女子日本代表12人を発表し、2012年ロンドン五輪銅メダリストで4大会連続出場となる36歳の荒木絵里香(トヨタ車体)らが入った。アタッカーの黒後愛(東レ)、20歳のセッター籾井あき(JT)、アタッカーの石川真佑(東レ)、古賀紗理那(NEC)らは初の五輪に臨む。

ミドルブロッカー島村春世(NEC)、アタッカー石井優希(久光)、セッター田代佳奈美(デンソー)は2大会連続代表。ネーションズリーグ(イタリア)で4位となったチームは帰国後の隔離期間を経て調整し、本番に備える。五輪の1次リーグではケニア、セルビア、ブラジル、韓国、ドミニカ共和国と顔を合わせる。

田代佳奈美、奥村麻依、小幡真子、山田二千華、林琴奈、籾井あき