野球日本代表の稲葉篤紀監督

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は28日、東京五輪の野球1次リーグの組分けと日程を発表した。最新の世界ランキングに基づきA組は日本(1位)、メキシコ(5位)、ドミニカ共和国(7位)、B組は韓国(3位)、米国(4位)、イスラエル(24位)が入った。3チームずつに分かれた1次リーグで組内の順位を決めた後、敗者復活のある変則的なトーナメントで金メダルを争う。

韓国紙の中央日報日本語版は30日、「こうした複雑な方式は日本のためだ」と指摘。「最強チームであっても相手のエース投手が登板する場合、決勝に進出できないことがある。日本は2004年アテネ五輪と2008年北京五輪で決勝に進出できなかった。このため一度負けてもまた機会を得ることができる変形敗者復活戦方式を採択した」とした。

この記事をシェアする