宿泊先のホテルに到着し国旗を掲げながら報道陣に手を振るウガンダの選手、コーチら=20日午前9時29分、大阪府泉佐野市(恵守乾撮影)

東京五輪のウガンダ代表選手団が20日、ホストタウンの大阪府泉佐野市に到着し、事前合宿を始めた。19日に9人で来日したが、成田空港でのPCR検査で1人が新型コロナウイルス陽性となったため、8人で宿舎入りした。新型コロナで大会延期が決まった後、海外チームの来日は2カ国目で、陽性判明は初めて。

来日したのは、五輪に出場するボクシングと重量挙げ、競泳の選手やコーチら。内閣官房によると、陽性の1人は、陰性になってから入国と国内移動が可能になる。英アストラゼネカ製ワクチンを2回接種し、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書も提出していた。空港検疫で陰性だった8人は、行動制限が不要と判断された。

泉佐野市によれば、選手団は全員、来日前に2回のワクチン接種を終えている。千代松大耕市長は、選手団に感染者がいたことを受け「(陰性だった)8人には当面、練習を控えていただき、毎日の検査など感染防止策を徹底し、無事に大会に送り出したい」との談話を出した。

ホテルに着いた選手団は、ウガンダの国旗を掲げながらバスを降り、報道陣に笑顔で手を振って記念撮影に応じた。選手団は7月19日まで、泉佐野市や岸和田市の施設で練習し、大会に向けて最終調整する予定。「スポーツを通じて、日本の人々と素晴らしいパートナーとなれることを楽しみにしている」とのコメントを出した。

この記事をシェアする