優勝した佐藤翔馬=6日、千葉県国際総合水泳場(納冨康撮影)

競泳のジャパンオープンは6日、千葉県国際総合水泳場で大会最終日が行われた。男子200メートル平泳ぎ決勝は、東京五輪代表の佐藤翔馬(20)=東京SC=が2分8秒32で優勝した。予選は、2分9秒48でトップ通過。決勝ではラスト50メートルを1分34秒70でターン、2位と0秒63差の接戦を制した。

佐藤は「タイムは残念。五輪では前半で先行して、後ろを気にせずに自分のペースで泳ぎ切りたい」と決意をにじませた。

この記事をシェアする