ここから本文

サッカーW杯サッカーW杯のRSS

ドイツ、4得点でアルゼンチンに圧勝!

2010.7.4 00:52
操作メニューをスキップして本文へ
特集 : 海外代表
ドイツ、4得点でアルゼンチンに圧勝!
アルゼンチン戦の後半、2点目を決めたドイツのクローゼ(右)。この試合クローゼは2得点の活躍=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)【フォト】

 サッカーW杯・南アフリカ大会決勝T準々決勝(3日、アルゼンチン0−4ドイツ、ケープタウン)ドイツが4得点でアルゼンチンを下して、3大会連続でベスト4に進出した。

 ドイツは立ち上がりにミュラーのヘッドで先制。後半に入るとクローゼの2ゴールなどで計4得点を挙げアルゼンチンを圧倒した。クローゼはW杯歴代2位に並ぶ通算14点目で、2大会連続の得点王も見えてきた。アルゼンチンはメッシを中心に攻めるがゴールを奪うことはできず。メッシは無得点で今大会を終えた。アルゼンチンは4年前のドイツ大会準々決勝で敗れた屈辱を晴らすことはできなかった。

 ドイツはこの後行われるパラグアイ−スペインの勝者と、7日にダーバンで対戦する。

ドイツ・レーウ監督

「勝つんだという強い意志を持って戦った。(相手エースの)メッシを支配下に置き、プレッシャーをかけ続けることを考えた」

アルゼンチン・マラドーナ監督

「ドイツはこれまでとは違う戦い方をしていた。われわれの夢を実現することができなかった。悲しみはとても深く、そしてつらい」

ドイツ・ラーム

「この素晴らしいチームでプレーできてうれしい。アルゼンチンはやりたいことができなかったと思う。わたしたちの準備がよかった」

アルゼンチン・テベス

「攻撃がうまくいかなかった。仕方ない。やりたいことはすべてやった」


関連記事

この記事のフォト

アルゼンチン戦の後半、2点目を決めたドイツのクローゼ(右)。この試合クローゼは2得点の活躍=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
2点目を決めたドイツ・クローゼ(左から3人目)=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
2点目を決めたドイツのクローゼ(中央)=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
リードを許す展開にうつむくアルゼンチンのマラドーナ監督(AP)
アルゼンチンに完勝し、笑顔でラームを迎えるドイツのレーウ監督=ケープタウン(共同)
後半、ドイツのクローゼ(右から2人目)が自身2点目のゴールを決めて歓喜=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
後半、自身2点目のゴールを決めたドイツのクローゼは宙返りで歓喜=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
ドイツに完敗し、選手に声を掛けるアルゼンチンのマラドーナ監督=ケープタウン(共同)
アルゼンチンは完敗で敗退。呆然とするメッシ(右)を抱擁でねぎらうマラドーナ監督=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
後半、ドイツに3点目を許し茫然と立ち尽くすアルゼンチンの選手たち(AP)
アルゼンチン−ドイツ後半、3点目のゴールを決めるドイツのフリードリヒ(3)=ケープタウン(共同)
3点目を決めたドイツのフリードリヒ(左)=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
試合開始早々、先制ゴールを決めたドイツのミュラー(AP)
アルゼンチン−ドイツ前半、FKを頭で合わせ、先制ゴールを決めるドイツのミュラー(右)=3日、ケープタウン(共同)
先制点に喜ぶドイツ代表。13番はゴールを決めたミュラー=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
先制点に喜ぶドイツのメルケル首相(AP)
アルゼンチン−ドイツ前半、ドイツに先制点を決められ、厳しい表情のアルゼンチンのマラドーナ監督=ケープタウン(共同)
ピッチ脇に立つアルゼンチンのマラドーナ監督=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
試合中、頭をかかえるアルゼンチンのマラドーナ監督(AP)
試合中、指示を出すアルゼンチンのマラドーナ監督(AP)
アルゼンチン−ドイツ前半、指示を出すドイツのレーウ監督=ケープタウン(共同)
アルゼンチン−ドイツ前半、ドイツのGKノイアーと交錯し倒れるアルゼンチンのテベス=ケープタウン(共同)
アルゼンチンのデミチェリス(左)と競り合うドイツのクローゼ=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
前半、メッシのFKをイグアインが押し込むがオフサイドの判定(AP)
ドイツのエジル(左)と競り合うアルゼンチンのメッシ=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
ドイツのケディラ(左)と競り合うアルゼンチンのメッシ=グリーンポイント競技場(撮影・財満朝則)
ドイツ戦で盛り上がるアルゼンチンサポーター=3日、ケープタウン(共同)
アルゼンチン戦で盛り上がるドイツサポーター=3日、ケープタウン(共同)

企画特集

注目サイト