平昌五輪

2017.11.21 05:02

小林潤、W杯開幕V!快挙生んだ3つの変化/ジャンプ

 ノルディックスキー・W杯ジャンプ男子個人第1戦(19日、ポーランド・ビスワ=HS134メートル、K点120メートル)平昌五輪シーズンの個人開幕戦。小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=が、124メートル、126・5メートルの合計260・5点でW杯初勝利を挙げた。1回目の2位から逆転した。W杯個人戦63試合目の小林潤はこれまで13位が最高だった。日本男子のW杯ジャンプ優勝は、2014年11月の葛西紀明(土屋ホーム)以来で3季ぶり、13人目の優勝。2006年トリノ五輪代表、早大スキー部監督の一戸剛氏(41)が強さの理由を分析した。【続きを読む】

新着ニュース

新着フォト

  • 【一戸剛の目】小林潤、W杯開幕V!快挙生んだ3つの変化/ジャンプ
  • 竹内、金メダルなら報奨金3333万円「お金がすべてではないけど…」/スノボ
  • 竹内智香、平昌で金なら報奨金3333万円に「モチベーション上がります!」/スノボ
  • 宇野、2位でファイナル進出!ジャンプ失敗「覚えていない」/フィギュア
  • 小林潤、初V!男子で日本勢W杯勝利は葛西以来3季ぶり/ジャンプ
  • 【佐野稔の舞評論】宇野、収穫は演技点が出たこと
  • 土屋、日本記録でも海外勢の厚い壁を痛感「自分の力足りなかった」/スピード
  • 日本女子最多さらに更新!小平、無敵の500メートル20連勝/スピード

ニュース

  1. サンスポ
  2. スポーツ
  3. スポーツ特集一覧
  4. 平昌五輪