2018.7.1 19:14

佐藤友祈、2種目で世界新の離れ業「狙っていた」/陸上

佐藤友祈、2種目で世界新の離れ業「狙っていた」/陸上

男子400メートル(車いすT52)で55秒13の世界新をマークし、ガッツポーズで喜ぶ佐藤友祈=町田市立陸上競技場

男子400メートル(車いすT52)で55秒13の世界新をマークし、ガッツポーズで喜ぶ佐藤友祈=町田市立陸上競技場【拡大】

 関東パラ陸上選手権最終日は1日、東京・町田市立陸上競技場で行われ、男子(車いすT52)で昨年7月の世界選手権2冠の佐藤友祈(WORLD-AC)が400メートルで55秒13、1500メートルで3分25秒08の世界新記録をマークした。

 男子(車いすT52)の佐藤が2種目で世界記録樹立という離れ業をやってのけた。1500メートルからわずか1時間後のレースとなった400メートルでもスピードは落ちることなく走りきり「狙っていた。体力もきつかったが応援が力になった」と満面に笑みを浮かべた。

 食生活を見直し、銀メダルを獲得したリオデジャネイロ・パラリンピックから約5キロ減量。今大会へ向けてはスタートを改善してきた。金メダルを狙う2020年東京パラリンピックへ弾みをつけ「まだまだここで限界じゃないということを証明していきたい」と決意を新たにした。

  • 男子400メートル(車いすT52)で55秒13の世界新をマークし、笑顔でボードを指さす佐藤友祈=町田市立陸上競技場