2018.6.24 21:17

5000M2連覇の鍋島「効率よくスパートできるのがラスト1周」/陸上

5000M2連覇の鍋島「効率よくスパートできるのがラスト1周」/陸上

女子5000メートルの表彰式で笑顔を見せる、優勝した鍋島莉奈(中央)=維新みらいふスタジアム

女子5000メートルの表彰式で笑顔を見せる、優勝した鍋島莉奈(中央)=維新みらいふスタジアム【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は24日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われた。女子5000メートルの鍋島は最終周回で一気に前に出た。「自分が効率よくスパートできるのがラスト1周」。追いすがる田中(ND28AC)を最後に引き離し、2連覇を達成した。

 昨夏の世界選手権に初出場し、今季はダイヤモンドリーグに参戦するなど、経験を積んで成長を続ける24歳。アジア大会代表権を手に入れ「自分のパフォーマンスができるようにしたい。メダルを獲得することが目標」と力強く言った。

  • 女子5000メートルで2連覇した鍋島莉奈=維新みらいふスジアム
  • 女子5000メートル15分30秒93で2連覇した鍋島莉奈(144)=維新みらいふスタジアム