2018.6.24 20:56

円盤投げ湯上、驚きの日本新「正直失敗したと思った。できすぎ」/陸上

円盤投げ湯上、驚きの日本新「正直失敗したと思った。できすぎ」/陸上

男子円盤投げで62メートル16の日本新をマークし、笑顔を見せる湯上剛輝=維新みらいふスタジアム

男子円盤投げで62メートル16の日本新をマークし、笑顔を見せる湯上剛輝=維新みらいふスタジアム【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は24日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われた。表示された62メートル16の数字を見て「うそだろ」と思ったという。男子円盤投げで日本記録を塗り替えた湯上は「正直失敗したと思った。できすぎ」と豪快に笑った。

 1回目で自己ベストを21センチ更新する59メートル51を投げ、気持ちに余裕が生まれた。3回目で従来の日本記録を28センチ上回る61メートル02をマークすると、4回目で62メートル台に達し、5回目でさらに伸ばした。

 両耳の聴力がほとんどなく、昨夏の聴覚障害者による国際総合大会デフリンピックで銀メダルを獲得した25歳。今年は臀部や背中まわりを鍛えて体幹が安定し、体重も昨年から3キロ増の107キロに。力強さを増し、昨年に日本記録をつくった堤(群馬綜合ガードシステム)の5連覇を阻止した。

  • 男子円盤投げで62メートル16の日本新をマークし、電光掲示板の脇で笑顔を見せる湯上剛輝=維新みらいふスタジアム
  • 男子円盤投げで日本新を塗り替えて初優勝し、ガッツポーズする湯上剛輝=維新みらいふスタジアム
  • 男子円盤投げ62メートル16の日本新で優勝した湯上剛輝=維新みらいふスタジアム
  • 男子円盤投げ62メートル16の日本新で優勝した湯上剛輝=維新みらいふスタジアム