2018.6.24 20:20

福島、意地示すもタイムに不満げ「物足りなさは感じている」/陸上

福島、意地示すもタイムに不満げ「物足りなさは感じている」/陸上

女子200M決勝 優勝した福島千里=維新百年記念公園陸上競技場(撮影・納冨康)

女子200M決勝 優勝した福島千里=維新百年記念公園陸上競技場(撮影・納冨康)【拡大】

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権最終日は24日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われ、23日に女子100メートルで優勝を逃した福島は200メートルで意地を示した。2年ぶり8度目の優勝にほっとした表情を浮かべたが、23秒65のタイムには「準備してきたレベルではない。そこに対しては物足りなさは感じている」と不満げだった。

 同じセイコー所属の山県が前夜、男子100メートルを制した姿に刺激を受けたと言う。「素晴らしいレースを見せてもらい、優勝したいという気持ちがこみ上げた」。失意を乗り越えて女王に返り咲き、「陸上人生を通じて大きな経験ができた」と前向きに語った。

  • 女子200メートル決勝23秒65で優勝し歓声に応える福島千里。2年ぶり8度目の日本一に輝いた=維新みらいふスタジアム
  • 女子200m決勝、優勝した福島千里(手前)左は市川華菜=維新百年記念公園陸上競技場(撮影・納冨康)
  • 女子200m決勝、優勝した福島千里=維新百年記念公園陸上競技場(撮影・納冨康)
  • 女子200M決勝(左から)2位の市川華菜、優勝した福島千里、山田美来=維新百年記念公園陸上競技場(撮影・納冨康)
  • 女子200M決勝優勝した福島千里(手前)。後ろは市川華菜=維新百年記念公園陸上競技場(撮影・納冨康)
  • 女子200メートル決勝23秒65で優勝した福島千里。右は2位の市川華菜=維新みらいふスタジアム
  • 女子200メートル決勝23秒65で優勝した福島千里(左端)=維新みらいふスタジアム
  • 女子200メートル決勝23秒65で優勝した福島千里。左は2位の市川華菜=維新みらいふスタジアム