2018.6.21 10:31

米プロレスラー、B・V・ベイダー氏死去

米プロレスラー、B・V・ベイダー氏死去

チョークスラムで相手をマットにたたきつけるベイダーさん(右)=2017年4月(撮影・山内猛氏)

チョークスラムで相手をマットにたたきつけるベイダーさん(右)=2017年4月(撮影・山内猛氏)【拡大】

 ビッグバン・ベイダー氏(米プロレスラー、本名レオン・ホワイト)自身の公式ツイッターによると、18日死去、63歳。肺炎を患い闘病中だった。死亡場所は明らかにしていない。

 米メディアによると、55年、米西部カリフォルニア州生まれ。コロラド大でアメリカンフットボールの選手として活躍し、プロフットボールNFLのロサンゼルス・ラムズに入団後、けがで早期引退を余儀なくされた。

 85年に米国でプロレスデビュー。87年から新日本プロレス、全日本プロレスなど複数の団体に参戦し、IWGPヘビー級王座と三冠ヘビー級王座の両タイトルを獲得。16年11月、心臓の病気が見つかり余命2年と告げられたとツイッターで明らかにしていた。(共同)