2018.6.17 21:36

山崎、歴代3位の得点で女子七種Vも「満足せず、日本記録を」/陸上

山崎、歴代3位の得点で女子七種Vも「満足せず、日本記録を」/陸上

女子七種競技で優勝し、笑顔を見せる山崎有紀=長野市営陸上競技場

女子七種競技で優勝し、笑顔を見せる山崎有紀=長野市営陸上競技場【拡大】

 陸上の日本選手権混成競技最終日は17日、長野市営陸上競技場で行われ、女子七種競技は23歳の山崎が日本歴代3位の5836点で頂点に立った。最終種目の800メートルで力を振り絞り「最後、粘れればと思っていた」と笑顔だった。

 過去3年は7位、5位、2位。着実な成長に「もっと上に行きたいと思って、一年一年、順位を上げられた」と満足そうだ。以前は40メートルに届かなかったというやり投げを重点的に強化し、今大会は48メートル56と自己ベストを5メートル近く更新。初めての日本選手権のタイトルにも「満足せず、日本記録(5962点)を」とさらに先を見据えた。

  • 優勝した山崎有紀の走り幅跳び=長野市営陸上競技場
  • 女子七種競技で優勝した山崎有紀(左)と2位のヘンプヒル恵=長野市営陸上競技場
  • 優勝した山崎有紀のやり投げ=長野市営陸上競技場