2018.6.17 20:18

男子十種は右代が7度目優勝でア大会へ 女子七種は山崎初V/陸上

男子十種は右代が7度目優勝でア大会へ 女子七種は山崎初V/陸上

円盤投げで雄たけびを上げる右代啓祐。優勝を果たした=長野市営陸上競技場

円盤投げで雄たけびを上げる右代啓祐。優勝を果たした=長野市営陸上競技場【拡大】

 陸上の日本選手権混成競技最終日は17日、長野市営陸上競技場で行われ、男子十種競技は日本記録保持者の右代啓祐(国士舘ク)が7944点で3年ぶり7度目の優勝を飾った。ジャカルタ・アジア大会代表入りが有力。7849点で2位となった中村明彦(スズキ浜松AC)も代表入りに前進した。丸山優真(日大)が3位だった。

 女子七種競技は山崎有紀(スズキ浜松AC)が5836点で初優勝し、代表入りが有力。4連覇を目指したヘンプヒル恵(中大)は5766点の2位で、代表入りに前進した。

ヘンプヒル恵の話「悔しい。気持ちが不安定だった。アジア大会に出られたら、次は負けたくない」

  • 棒高跳びで5メートル00をクリアし、雄たけびを上げる右代啓祐。優勝を果たした=長野市営陸上競技場
  • 優勝した右代啓祐の円盤投げ=長野市営陸上競技場
  • 優勝した右代啓祐のやり投げ=長野市営陸上競技場
  • 優勝した右代啓祐の棒高跳び=長野市営陸上競技場
  • 女子七種競技で優勝した山崎有紀(左)と2位のヘンプヒル恵=長野市営陸上競技場
  • 優勝した山崎有紀の走り幅跳び=長野市営陸上競技場
  • 優勝した山崎有紀のやり投げ=長野市営陸上競技場
  • 2位となったヘンプヒル恵の走り幅跳び=長野市営陸上競技場